本文へスキップ
HOME 「よかっぺ」って何? 代表挨拶 事業紹介 お知らせ 問い合わせ・アクセス 入会する 支援する 活動日記
ローカルエコビジネス勉強会(初級編)
趣旨

キーワードは「ローカル」「エコ」「ソーシャル」なビジネス。
「知識」だけでなく「知恵」をつける。
「巧く生きる」のではなく「善く生きる」。
地方でそこそこ安心して暮らせる社会事業を、学びあいと助け合いから作る。

 地方で地域内循環するモノ、エネルギー、お金を生み、新しい切り口で、地方で生きていく仕組みを作れば、グローバル化の良い面とだけ共存し、地方で安心して生きていけるレベルの暮らしを作ることは可能だと、わたしたちは考えています。

 地方でも安心して生きていけるローカルでスモールなビジネスモデルを一緒に考えませんか?

 経済状況の悪化や雇用環境の変化に伴い、正社員の大黒柱(普通は父親)が大小で多少は違いがあっても概ね安定した企業で定年まで勤めて家庭を支えるというモデルは、崩壊してきています。

 ごく普通以上の意欲と能力を持っていても倒産やリストラ、そもそも就職できないなど、システムからはじかれた人材はいまや珍しくありません。こうした場合自営の道を探す必要があります。

 また障害者やニートなど、もともと現代経済システムには歓迎されてこなかった人材は、補助金の削減や親に頼れなくなるときに備える必要があります。

 一方で、定年退職して生活に不安はなくても、まだまだ社会に貢献したいという方々も、沢山いらっしゃいます。こうした方々が社会事業を起業する支援の道も必要です。

 この勉強会は、こうした人々を含む社会事業企業希望者がアイデアを出し合い、ビジネスモデルを構築する学びの場として設けます。夢を実現するため、あるいはこれからの時代を生き抜く上で、大きな助けになるはずです。


「中級編」ご案内

→ 中級編のページへ

【終了】「つくば市民大学」共催講座 第2期(2013年2月〜4月)

 この取り組みでは独自事業「ローカルエコビジネス勉強会」のほかに、様々なパートナーとの共催企画を進めます。引き続き、ウニベルシタスつくばが運営する「つくば市民大学」と「NPO法人よかっぺいばらき」で共催講座を実施します。

<概要>
 いまは学校を出てすぐ正社員になり定年まで勤め上げることが難しい時代です。今後もその傾向は続くので、個人が経済的に独立自営する力を持つことは、夢を実現するため、あるいはこれからの時代を生き抜く上で、大きな助けになるはずです。
 本講座は様々な理由で「自立」を求める人々が集まり、アイデアを持ち寄りながら「そこそこ暮らせる事業」を考える場を提供します。さらに講座で知り合った仲間の輪を維持強化する場、そしてアイデアの実現化を後押しする場として「NPO法人よかっぺいばらき」で「ローカルエコビジネス勉強会」、「地域を耕す会」を準備しています。

<日程>
全5回、隔週木曜日開催、19:00〜20:30(受付開始は18:45))

第1回  2月21日(木)
 ローカルエコビジネスとは何か? −必要性と可能性
第2回  3月7日(木)
 各地のローカルエコビジネス −成功例に学ぶ
第3回  3月21日(木)
 可能性を広げよう! −自分を知る、自分をプロデュースする
第4回  4月4日(木)
 可能性を繋げよう! −仲間を求める、事業の広がりを考える
第5回  4月18日(木)
 起業のために準備すべきこと −組織化、助成環境など

※講座の構成は若干の変更の可能性があります。

<受講料>
一般: 1000円/1回、学割: 500円/1回

<お申し込み>
 NPO法人よかっぺいばらきまで電子メール(yokappe.ibaraki@gmailcom)、または電話(080-4341-4027、不在時留守電)で、(1)お名前、(2)ご連絡先(電話、電子メール)、(3)参加希望回、をお知らせ下さい。

→ 申し込む(メール)


【終了】「つくば市民大学」共催講座(2012年10月〜12月)

 この取り組みでは独自事業「ローカルエコビジネス勉強会」のほかに、様々なパートナーとの共催企画を進めます。今回は、ウニベルシタスつくばが運営する「つくば市民大学」と「NPO法人よかっぺいばらき」で共催講座を行います。

<概要>
 いまは学校を出てすぐ正社員になり定年まで勤め上げることが難しい時代です。今後もその傾向は続くので、個人が経済的に独立自営する力を持つことは、夢を実現するため、あるいはこれからの時代を生き抜く上で、大きな助けになるはずです。
 本講座は様々な理由で「自立」を求める人々が集まり、アイデアを持ち寄りながら「そこそこ暮らせる事業」を考える場を提供します。さらに講座で知り合った仲間の輪を維持強化する場、そしてアイデアの実現化を後押しする場として「NPO法人よかっぺいばらき」で「ローカルエコビジネス勉強会」、「地域を耕す会」を準備しています。

<日程>
全6回、隔週木曜日開催、19:00〜20:30(受付開始は18:45))

第1回 10月11日(木)
 ローカルエコビジネスとは何か? −必要性と可能性
第2回 10月25日(木)
 各地のローカルエコビジネス −成功例に学ぶ
第3回 11月8日(木)
 可能性を広げよう! −自分を知る、自分をプロデュースする
第4回 11月22日(木)
 可能性を繋げよう! −仲間を求める、事業の広がりを考える
第5回 12月6日(木)
 起業のために準備すべきこと −組織化、助成環境など
第6回 12月20日(木)
 発表会

※講座の構成は若干の変更の可能性があります。

<受講料>
一般: 1000円/1回、学割: 800円/1回

<お申し込み>
 NPO法人よかっぺいばらきまで電子メール(yokappe.ibaraki@gmailcom)、または電話(080-4341-4027、不在時留守電)で、(1)お名前、(2)ご連絡先(電話、電子メール)、(3)参加希望回、をお知らせ下さい。

→ 講座詳細を見る(PDF文書)

→ 申し込む(メール)


講師募集

 経済状況の悪化や雇用環境の変化に伴い、正社員の大黒柱(普通は父親)が大小で多少は違いがあっても概ね安定した企業で定年まで勤めて家庭を支えるというモデルは、崩壊してきています。

 ごく普通以上の意欲と能力を持っていても倒産やリストラ、そもそも就職できないなど、システムからはじかれた人材はいまや珍しくありません。こうした場合自営の道を探す必要があります。

 また障害者やニートなど、もともと現代経済システムには歓迎されてこなかった人材は、補助金の削減や親に頼れなくなるときに備える必要があります。

 この勉強会は、こうした人々を含む社会事業企業希望者がアイデアを出し合い、ビジネスモデルを構築する学びの場として設けます。

 当法人は、自然と人間、人と人との絆を大切にした持続可能な社会を目指しているので、そのビジネスは当然、ローカルでエコ、スモールなものを志向します。

 この勉強会には事業系NPO経営者、スモールビジネス経営者、ファンドレイジング、メディア関係者など各分野から話題提供者を迎え行います。

 この話題提供者を捜しています。できれば完全ボランティア、無理なら会場のつくば市までの往復交通費のみ、それでもダメならプラス薄謝くらいでお願いしたいと思います。

 上に記した分野以外でも趣旨に合致した話題をご提供頂ける方がいらしたら、自薦他薦を問わず、情報をご提供ください。 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

→ 情報提供・応募する(メール)