本文へスキップ
HOME 「よかっぺ」って何? 代表挨拶 事業紹介 お知らせ 問い合わせ・アクセス 入会する 支援する 活動日記
「よかっぺいばらき」とは
設立趣旨
 「NPO法人よかっぺいばらき」は自然と人、人と人との絆を大切にした地域づくりを通して、持続可能な社会、成熟した市民社会に向かって進み、やがて活力があり、笑って生きて笑って見送られることができる地域社会を実現することを目的に活動しています。

ミッション
 笑って生き、笑って見送られる、安心の地域社会
 絵を描き、詩を詠みたくなる、風景を守るまちづくり
 住民参画で地域力を活かしたまちづくり
定款の目的より
 この法人は、広く市民一般に対して、自然と人、人と人との絆を大切にした地域づくりに関する研究および実践、そしてそれらの情報提供などの事業を行い、持続可能な社会、成熟した市民社会、そして活力があり、笑って生きて笑って見送られることができる地域社会の形成に寄与することを目的とする。
ご挨拶
よかっぺいばらき理事長      奧田夏樹 博士(理学)
 NPO法人よかっぺいばらき 理事長

NPO法人よかっぺいばらき 理事長
 わたしは、沖縄の離島で生態学の研究をする過程で、急速な観光化や移住による人口増などで、地域の自然や地域社会が変質していくことに疑問を感じるようになりました。

 そのため博士号取得後は専門を深めるよりも専門を活かして、よりよい地域作りに具体的に関わりたいと考えました。

 これまで自然環境保全の活動、地域活動、政治活動などに関わってきましたが、すべては自然と人間、人と人の絆を大切にした持続可能な社会を実現したいという思いからでした。

 このたび多くの仲間の賛同を得て、NPO法人よかっぺいばらきを立ち上げることができました。立場や考え方の違いを越え、多くの方々と共に、地域に貢献していきたいと思います。どうぞご参加ください。

◆美しい日本の風景・文化を守りたい

 日本は敗戦から未曾有の高度成長で立ち直り、経済的には大変恵まれた国になりました。しかし美しい日本の風景、そしてそれを構成する自然や文化を伝え残すことができなければ、どのような繁栄も無意味です。アイデンティティを失った文明に明日はありません。今の日本の都市から美しい歌や詩や絵は生まれるでしょうか?

 また行きすぎたグローバリゼーションも御免です。それぞれが素晴らしい、地方の精神的、文化的、経済的独立性を保持することで、ふるさとの風景を未来につなぎましょう。
◆お金だけでは幸せになれない

 昔はご近所同士で助け合わなければ地域社会は動きませんでした。しかし今、多くの面倒はお金で解決できるようになり、隣人の顔を互いに知らないような地域が増えています。しかし多様な人がいてこその社会です。よかれ悪しかれそれが人間らしい文明を築いてきました。

 お金は便利ですが、現代はあらゆる社会関係にお金を持ち込むことで、逆にお金がなければ何もできない不便で不自然な世の中になってきています。また、それが人の可能性を縛るようにもなってきました。このいわば原理的経済主義こそが、今の日本が抱える諸問題の病原だと思います。

 そして現代日本社会は、自立した個人が互いに影響し合って社会を形成する個人主義ではなく、自分の好きなことだけをし、好きな人だけと付き合う孤人主義の側面が強まり、文明の衰退を招いているように感じます。

 これまで様々な生態系を見てきましたが、その経験から感じることは、システムにおける多様性の大切さ、そして面白さです。人間が生き物としていきいきと過ごすためには、助け合い本音でつきあえる人間関係を取り戻すことが大切だと思います。 

 略歴
 1969年(昭和44年)4月30日東京都練馬区生まれ。10歳で茨城県に移住。茨城県立土浦第一高校(昭和63年卒)、九州大学理学部生物学科卒(生態学研究室)、東北大学大学院理学研究科生物学専攻(動物生態学研究室)を経て沖縄県西表島における生態学研究で東北大学より博士(理学)。

 専門は生態学、実践的保全生物学、持続可能な社会をめざしたまちづくり。インターネット新聞編集者、政治家秘書等を経て、現在、NPO法人よかっぺいばらき理事長。牡牛座のA型。わな猟・第一種銃猟免許。国会議員政策担当秘書資格。婚活中。

「よかっぺいばらき」とは